記事一覧

夏の旅 2017

今年も私は少し早めの夏休みを取得し、
家族3人で先週に旅行に行ってきましたので
その様子を少しだけご紹介します。

去年と同様に、鉄道好きのレイ君のために
鉄道ざんまいの旅(関西、東海方面)となりました。

まずは神戸。
神戸の観光地といえば、異人館や中華街を
思い浮かべますが、鉄道好きのレイ君のために
ママが用意したプランは、

カワサキワールド

です。

DSCF4917.jpg

神戸を発祥とする川崎重工業の企業博物館ですが、
川崎重工業は電車の車両を多く手掛けて来た
こともあり、今回訪問することにしました。
特に、写真の0系新幹線(一番初期のもの)が
レイ君の一番のお目当てでしたが、
それ以外にも、バイクやヘリコプターなど、
様々な乗り物が展示されており、レイ君も
バイクにまたがったりヘリの操縦シミュレータで
遊んだり、楽しむことができたようです。


次の目的地は、名古屋のリニア・鉄道館

DSCF4941.jpg

ということで、またまた0系新幹線とご対面です。

もちろん、リニアも展示されています。

DSCF4944.jpg

リニアの動く仕組みや開発の歴史などが
紹介されているコーナもありました。

また、高速鉄道だけではなく、中にはこんなレトロな
展示もありました。

P_20170727_160518.jpg


これらの展示やイベントでまったりと、
10時の開館から17時半の閉館までをここで
過ごすことになりました。

夜は名古屋名物を。

P_20170726_194101.jpg

写真は私の食べた味噌煮込みうどんですが、
レイ君はあっさりと、きしめんを食べていました。


そんなような旅を、帰省も兼ねて3泊4日で楽しんできました。
レイ君にとっては、まだまだ長い夏休みが続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yukkuri
    レイ君のパパ。
    普通のサラリーマン。
レイ君:2017年度現在、小学4年生の
    男の子です。
    2016年4月からどんぐり倶楽部
    の「良質の算数文章問題」を
    始めました。


 どんぐり倶楽部の
 「良質の算数文章問題」:
    ・絵図を書いて考える算数の
     楽しい文章問題。
    ・年長から小6まで、各学年
     100題ずつからなる。
    ・傍の大人は口を出さずに
     考える子供をただ見守る。


 どんぐり倶楽部:
    ・子供達の力を信じる
    ・無理なく無駄なく効果的な
     学習指導をする
    ・<考える力>を身につけさせる
  - どんぐり倶楽部ホームページより -