記事一覧

3MX97 ホッペタオチソーダ飴

・どんぐり倶楽部の「良質の算数文章問題」にレイ君が取り組んでいます。
 ママまたはパパが読み聞かせ、週2問のペースでやっています。

<3MX97> 7/20実施
今日のおやつは、体重の重さで貰える数が違う体重おかしデーです。
今日は体重5kgにつき3個のホッペタオチソーダ飴を貰えます。
クラゲダヨン君は15000g、ゾウガメラ君は365kg、アザラシアン君は42kgでした。
3人が貰える飴を合わせるとみんなで何個のホッペタオチソーダ飴を貰えるでしょう。


※まだ夏休み突入前の取り組みです。

DSCF4792.jpg

ざっくりとした方向性としては合っているのですが、
いろいろと間違いがあります。
答えはオマケなのだけれど、取り組み方としては
もっと丁寧にやる必要性を感じます。

この問題はずいぶん前から問題の束に入れていたのですが
なかなか選んではくれませんでした。
今回ようやくやってみて、「意外と簡単だった」という
感想を持ったようです。
難しそうに見える問題でも、やってみれば
できないことはない、といういい体験ができた
のではないでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yukkuri
    レイ君のパパ。
    普通のサラリーマン。
レイ君:2017年度現在、小学4年生の
    男の子です。
    2016年4月からどんぐり倶楽部
    の「良質の算数文章問題」を
    始めました。


 どんぐり倶楽部の
 「良質の算数文章問題」:
    ・絵図を書いて考える算数の
     楽しい文章問題。
    ・年長から小6まで、各学年
     100題ずつからなる。
    ・傍の大人は口を出さずに
     考える子供をただ見守る。


 どんぐり倶楽部:
    ・子供達の力を信じる
    ・無理なく無駄なく効果的な
     学習指導をする
    ・<考える力>を身につけさせる
  - どんぐり倶楽部ホームページより -