記事一覧

4MX63 バラと花瓶

・どんぐり倶楽部の「良質の算数文章問題」にレイ君が取り組んでいます。
 ママまたはパパが読み聞かせ、週2問のペースでやっています。

<4MX63> 7/2実施
2000円持って、花屋へ行きました。
1本210円のバラを何本かと、600円の花瓶を買ったところ
140円残りました。買ったバラの本数は何本ですか。

DSCF4640.jpg

3MX92」で同じ問題をやっています。
この頃と比べると、絵図がずいぶんにぎやかになっています。

解き方も違ってきていて、今回は花瓶の値段にバラの値段を
1本ずつ足していって、6本まで足していったところで1860円となり、
2000円出すとお釣りが140円になる値段だということに気付いた
ようです。
花瓶、バラ、お釣り、合計金額の関係が理解できていることは
よくわかりました。


ところで、みなみのままさんがブログで紹介されていた
「子どもにたべさせたいおやつ」
を私も先日購入し、
この日はレイ君といっしょに作った「黒糖蒸しパン」を
食べながらのどんぐりタイムでした。

DSCF4636.jpg

薄力粉と黒糖とベーキングパウダーを混ぜて水で
こねて蒸し器で蒸すだけなので、男の私にでも簡単に
作れました。
作り始めるとレイ君も興味津々で台所に並び、
こねる作業とこねたものをカップに流す作業は
自らほとんどをやってくれました。
パートから帰ったママにも残しておいた1個を
あげると、おいしいおいしいと言って
気に入ってくれました。

とても楽しい一日となりました。
スポンサーサイト

コメント

No title

yukkuriさん こんにちは♪
本購入してくださったんですね!!
しかも早速作ったとは)^o^(嬉しいです!

我が家にお友達がどんぐりをしに来るときは、必ずと言っていいほどおやつ作りを楽しみます。とっても盛り上がるんですよね♪
おやつ作りって不思議な現象がよくおこるし、知らないうちに算数の勉強にもなっているし。(そのために作っている訳ではないのですが)
娘はパンの発酵はレンジに頼らないです。時間をかけて変化するのを楽しみたいので(*^_^*)

ぜひこれからもおいしいおやつを親子で作ってくださいね。

No title

みなみのままさん、コメントありがとうございます!

よい本をご紹介いただいたので、さっそく実践してみました。店で売られているお菓子は砂糖の量が多いだけでなく、怪しい添加物も満載なので、この本を大いに活用したいと思います。
今回の黒糖蒸しパンはとても好評だったので(?)、レイ君と一緒にまた作る予定です。


そして、講演会の準備お疲れさまでした!
たくさんの参加者があり好評だったようで、よかったですね。
どんぐりの輪がどんどん広がっていけばよいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yukkuri
    レイ君のパパ。
    普通のサラリーマン。
レイ君:2017年度現在、小学4年生の
    男の子です。
    2016年4月からどんぐり倶楽部
    の「良質の算数文章問題」を
    始めました。


 どんぐり倶楽部の
 「良質の算数文章問題」:
    ・絵図を書いて考える算数の
     楽しい文章問題。
    ・年長から小6まで、各学年
     100題ずつからなる。
    ・傍の大人は口を出さずに
     考える子供をただ見守る。


 どんぐり倶楽部:
    ・子供達の力を信じる
    ・無理なく無駄なく効果的な
     学習指導をする
    ・<考える力>を身につけさせる
  - どんぐり倶楽部ホームページより -