記事一覧

【注意】学校のテスト(小4)で連立方程式(消去算)が出題されました。。(その1)

全くの想定外でしたが、学校のテストで以下の問題が
出題されました。

DSCF4596.jpg

自力で考えるのであればいいのですが、
時間内では自力で解けなかったようで、
威勢の良いバッテンがつけられており、
赤で書き直しています。
恐らく、先生の解説なり、ヒントがあったのでしょう。
そもそも、最初から絵も描いているし!

あぁ、最低です。。

どんぐり問題の4MX91(※)や4MX93(※※)で、レイ君が連立方程式
にチャレンジする日を楽しみにしていたのに、ぶち壊しです。
4MX91はできるとしても4MX93はまだ今のレイ君には
早い気がしたから、4年生の後半までこの2つを取っておこうと
思っていたのに。。。
本屋で見た5年生の教科書ワークに4MX91と似た問題が
載っていたので、準備学習として4年生の後半にやるのが
いいなと考えていたのに。。。
学校でやっている内容はこんな高度な問題からは
かけ離れているのに。。。

この非常に重要な問題でオリジナルの思考回路を
育てる機会が、レイ君からは永遠に失われてしまい・・・

このような事態を防げなかった親の無力さを反省するばかりです。

とりあえずできることとして、
返却されたこの答案について、レイ君とは一切話しを
しないようにしています。
この写真を撮った後、即刻、テスト用紙を捨てました。
焼石に水ですが、、なるべくこの問題に関する記憶を
レイ君の脳から消すことができればと・・・

長くなりそうなので、続きは明日にします。

【重要】
3年生以下のどんぐりっ子の保護者の皆さまへ
学校の算数で「啓林館」の教科書、「教育同人社」のテスト
が採用されている場合、
4年生のこの時期に上記問題が出題されますので
御注意ください。
テストの位置づけとしては、割り算の筆算を習う前に、
3年生までに習った引き算や割り算の理解度をテスト(?)する
「レディネスチェック」というものです。
私のようなヘマをやらかさないよう、くれぐれもご注意ください。


(※)<4MX91>
ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様と黄金タコ焼きがよく売れます。
お星様1個と黄金タコ焼き1個では50億円、お星様1個と黄金タコ焼き2個
では80億円です。では、黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。

(※※)<4MX93>
ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様と黄金タコ焼きがよく売れます。
お星様2個と黄金タコ焼き1個では40億円、お星様3個と黄金タコ焼き2個
では70億円です。では、黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。



スポンサーサイト

コメント

No title

なんと・・・!
これはまさかの出来事でしたね。。。
この問題を見ても何とも思わずに指導している先生にも非常に危機感を覚えます。

うちはテストは日本標準だったからか、このような問題は去年出ませんでしたが、yukkuriさんの記事を読んで今後注意することにしました。
ありがとうございます。

Re: No title

Aliceさん、コメントありがとうございます!

やはり、採用されている教材によって違いがあるんですね。
少なくともうちの学校ではさらに警戒を強めなければ
いけないと思います。

先生にも面談などの機会に話しを伺いに行こうかと
考えていますので、(何を話すかはこれからゆっくり
考えますが)可能であればその様子もブログで
アップしますね。

No title

はじめてコメントさせていただきます。
うちの子は今5年生ですが、4年生の時にこのようなテスト内容はなかったと記憶しています。
教科書は啓林館なのですが、テストが違う業者だったからでしょうか。
教科書の単元にはないですよね?
どんぐりは教科書の単元に合わせていろいろな仕掛けがあるので、これは非常に困りますね/ _ ;
今の学校の、間違いをすぐに直すテストのやり方を改善してもらわねば…ですね。
貴重な記事をありがとうございます。

Re: No title

かりんとうさん、コメントありがとうございます!

同じ啓林館でも、テスト問題が違うんですね。
今年から追加になった、ということでもないでしょう。
教科書の単元にも、ありません。

こんなことをされると、この先がとても不安なので、
やはり先生と話しをしたほうが良いかと思っています。


これからも何かありましたら是非情報交換させてください。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yukkuri
    レイ君のパパ。
    普通のサラリーマン。
レイ君:2017年度現在、小学4年生の
    男の子です。
    2016年4月からどんぐり倶楽部
    の「良質の算数文章問題」を
    始めました。


 どんぐり倶楽部の
 「良質の算数文章問題」:
    ・絵図を書いて考える算数の
     楽しい文章問題。
    ・年長から小6まで、各学年
     100題ずつからなる。
    ・傍の大人は口を出さずに
     考える子供をただ見守る。


 どんぐり倶楽部:
    ・子供達の力を信じる
    ・無理なく無駄なく効果的な
     学習指導をする
    ・<考える力>を身につけさせる
  - どんぐり倶楽部ホームページより -