記事一覧

【注意】学校のテスト(小4)で連立方程式(消去算)が出題されました。。(その2)

昨日の記事「【注意】学校のテスト(小4)で連立方程式(消去算)が出題されました。。(その1)」の続きです。先日の学校のテストで消去算の問題が出題されていまい、どんぐりの連立方程式問題で育てるはずだった思考回路を養成する機会を失ってしまったと書きました。この事態を防げなかったことについて、親として色々と思うところもありますが、ただ、嘆いてばかりいても仕方ありませんので、今後の対策を検討しました。(そ...

続きを読む

【注意】学校のテスト(小4)で連立方程式(消去算)が出題されました。。(その1)

全くの想定外でしたが、学校のテストで以下の問題が出題されました。自力で考えるのであればいいのですが、時間内では自力で解けなかったようで、威勢の良いバッテンがつけられており、赤で書き直しています。恐らく、先生の解説なり、ヒントがあったのでしょう。そもそも、最初から絵も描いているし!あぁ、最低です。。どんぐり問題の4MX91(※)や4MX93(※※)で、レイ君が連立方程式にチャレンジする日を楽しみにしていたのに、...

続きを読む

どんぐり問題4MX44について

どんぐり子育てに取り組んでおられる、Aliceさんのブログにて、興味深い内容がありました。どんぐりっ子はすごいなぁというお話しです。#Aliceさんの記事のコメント欄に書き切れないと思い、#自分のブログ内で紹介しちゃいます。。。Aliceさん家の4MX44記事はこちら(3)の角度ですが、大人が普通に考えれば、三角形の内角の和が180度であることを利用して計算すると思います。ですが、Aliceさんのお子さんはユニークな方法で導い...

続きを読む

問題選びについて

昨年の春にどんぐり倶楽部の「良質の算数文章問題」にレイ君とともに取り組み始めてから、10月頃までは取り組む問題を毎回パパが選んでいました。ですが、「この件」をきっかけに毎回レイ君に問題を選んでもらう形に変えています。あれから3か月ほど経過していますが、問題をレイ君本人に選んでもらうことにもいろんな効果があるように思えてきましたので、メモがわりにブログ上で記録しておきます。~ 一番の意義は、「楽しむこ...

続きを読む

負の数

先日、お風呂の時間にレイ君がクイズの問題を出してくれました。「次の数字はいくつずつ離れているでしょう? 15、7、-1」レイ君は小学3年生ですからもちろん負の数なんて習っていませんし、先取りで教えるなんてこともしていません。「そんな問題を学校とか友達とか、どこかで 聞いたり教えてもらったりしたの?」と聞いても、特にそういうわけではなく、自分で考えた問題だと言います。まあ、誰かに教わったりしなくとも...

続きを読む

プロフィール

Author:yukkuri
    レイ君のパパ。
    普通のサラリーマン。
レイ君:2017年度現在、小学4年生の
    男の子です。
    2016年4月からどんぐり倶楽部
    の「良質の算数文章問題」を
    始めました。


 どんぐり倶楽部の
 「良質の算数文章問題」:
    ・絵図を書いて考える算数の
     楽しい文章問題。
    ・年長から小6まで、各学年
     100題ずつからなる。
    ・傍の大人は口を出さずに
     考える子供をただ見守る。


 どんぐり倶楽部:
    ・子供達の力を信じる
    ・無理なく無駄なく効果的な
     学習指導をする
    ・<考える力>を身につけさせる
  - どんぐり倶楽部ホームページより -